•  

     

     

     

  • 小樽地鶏

    北海道の恵みが育んだ新食感

    “プリップリじゅわっ”

     

    小樽地鶏独特の旨みは、噛んだ瞬間に口いっぱいに広がります。

    「こんなにプリップリで噛みごごち良い鶏は初めて。」

    「濃厚な肉と脂の旨味が口の中で踊り狂っている。」

    「動物的なクセがないやさしいジューシーさが新鮮。」

     

    今では一流シェフや肉専門の編集者からも称賛の声をいただけるようになりました。

     

    鶏肉本来のおいしさをご提供します。

     

    小樽地鶏は、株式会社小樽地鶏本舗が孵化から飼育・卸売まで一貫して行い、他に生産業者はいません。

  • ヤミツキになる人急増中

    小樽地鶏はオスもメスも食べれる!

    小樽地鶏大人気の首焼き

    一般的に地鶏はメスを食べるのが主流ですが、小樽地鶏は創業から一貫して、オスもメスも食べることができます。

     

    オス鶏の肉は、噛めば噛むほど口の中にウマみと甘味が広がり、その食感はいつまでも口の中に残りヤミツキになります。

     肉質はもちろん、食感を楽しむ人が急増しています。

     

     メス鶏の肉は、オスよりもとってもジューシーで、肉質もやわらかく、口の中で肉のウマみと脂が広がります。

     肉質はもちろん、ウマミがジュワ~と溢れ出す味わいを楽しむ人が急増しています。

     

     最高の味、肉質、旨み、食感をご堪能ください。

  • おいしさのヒミツ

    小樽地鶏が健康に育った証拠白い骨

    白い骨

    「白い骨」は、小樽地鶏が健康な状態で育った証明です。

     

     鶏は、普通平均84日で成長しますが、ブロイラーは生後45日程度で強制的に成長させられます。 
     小樽地鶏は、過酷な状態とは無縁で、しかもオスは生後120日以上、メスは生後135日以上をかけて育てています。

     だから、小樽地鶏の骨は健康な状態で育った証明である「白色」です。健康に育った骨なので、素手で折ることはできません。

    小樽地鶏ぷるんぷるんの卵

    ぷるんぷるんの卵

     普段食べてる卵と比較してください。

     市内の飲食店経営者を集めた試食会で、初めて参加した経営者が卵黄を割り箸で7回つついて割れたことにびっくりしていました。

     小樽地鶏のメスは3日に1度しか卵を産みません。毎日産ませることがない分、体内にいる期間が長く、滋養がたっぷり。特に白身に力があるのは、良質なタンパク質が多い証です。濃厚で栄養たっぷりな卵をぜひお楽しみください。

     卵黄はプルンプルン、卵白はゼリー状です。

     どんな言葉よりも、たまごかけご飯、目玉焼き、ちょっと贅沢にすき焼きなどで「生」を体験してください。

    小樽地鶏はのびのびした飼養環境で育てられている

    農林水産省が定める地鶏の特定JAS規格を超越しています

     小樽地鶏は北海道小樽市で数種類の在来種を掛け合わせて誕生した地鶏です。小樽の気候風土に適応し寒さや病気に強く、また人に慣れやすい特長を持った肉卵兼用鶏です。
     飼育は終始平飼いで、農林水産省で定める特定JAS規格の半数程度の飼育密度で、自由に伸び伸びと運動できる環境で育てているので、肉や卵のおいしさが増していると考えています。

     

    小樽地鶏は代表者の鳥好きから考案された!

    代表者と鳥を繋ぐ歴史

  • 地鶏はわずか1%

     市場に出回っている鶏肉は、ブロイラー、銘柄鶏、地鶏の3種類に分けられます。

     そして国内の鶏肉出荷比率に占める地鶏の割合はわずか1%です。

     スーパーなどのチラシに地域名を冠した鶏肉が存在感を示していますが、そのほとんどが一般のブロイラーよりも飼育期間を長くしたり、エサを工夫したりして味を高めた銘柄鶏で地鶏ではありません。

     出荷までの明確な定義があるのは地鶏だけです。

    小樽地鶏のボス
  • 飼養環境と出荷日数

    地場産の独自の餌を配合

     トウモロコシやマイロ等の穀物を主体とした飼料に、地場産のニンニクを特別に配合。さらに海藻粉末や牡蠣がらを添加して豊富なミネラルを与えているので、健康な地鶏が育ちます。

     

    小樽奥沢水源地

    ミネラル豊富な小樽の水

     小樽の水は炭酸ガスや酸素などが適度に溶けているので、清涼感があります。さらにミネラルがバランスよく含まれていることから、口当たりが良いのが特徴です。この小樽の水を、パイプラインにより外気に触れることなく、常に清潔な状態で供給しています。この美味しいお水をたっぷり飲んでいるのが小樽地鶏です。

    すべての生き物にやさしい豊かな自然環境

     朝日から夕日まで、さんさんと太陽光が当たり、ニセコ積丹小樽海岸国定公園の青い海からは、ミネラルたっぷりの浜風が鶏舎に流れ込んでいきます。

    小樽地鶏鶏舎

    ストレスを与えない広い鶏舎

     農林水産省で定める地鶏の飼育密度は、1㎡あたり10羽以下とされていますが、小樽地鶏は成長に合わせてス飼育スペースが拡張される独自のシステムで、出荷時まで1㎡あたり5羽以下という広い飼育環境でのびのびと育てています。木造2階建傾斜は、十分な採光と強制換気システムにより24時間外部の新鮮な空気を供給。建物全体の断熱性能は住宅と同様で、夏は25度以下、冬は10度以上で温度管理されています。窓にはステンレスの金網を施しているので、ネズミやスズメも侵入できません。鳥インフルエンザ対策は万全です。

    試食を重ねた結果で生育日数を決めました

     小樽地鶏は肉質を熟成させるためオスは生後120日以上、メスは生後135日以上で出荷します。出荷までの日数は、市場に出す前に試食会を重ね研究をした結果、最良の肉質で提供できるのがその日数以上であったためです。ブロイラーとの味の旨味、食感が違う本当の鶏肉の味を堪能できます。

     新聞記事には発売開始前に試食会を6回行ったことが書かれています。いまもときどき飲食店向けの試食会等を企画し味の判断を外部に求め日々研究しています。

  • 楽しみ方

    個人的な意見ですが・・とりすきが最強!

    すきやきに最強な小樽地鶏の卵

     小樽地鶏は、焼き鳥、親子丼など肉の旨みと歯ごたえを活かせる焼き物や煮物料理に適しています。

     揚げ物にすると、プロの料理人であれば美味しく調理できますが、家庭での料理はお勧めできません。どんな食材でも万能な食材はありません。

     個人的にはですが・・鍋料理は絶品です。

     小樽地鶏からとった旨味たっぷりのだし汁は、水炊きやすき焼きの他、ラーメンやお雑煮の出汁にも絶品なのです。

     よく地鶏の肉は硬いといわれますが、小樽地鶏は、煮込んでも硬くなりすぎません。

     余談ですが、家で普通に「すきやき」をするときには、やっぱり小樽地鶏卵はかかせません。濃厚さと甘さが全然違います!

  • サテライト店「鳥ま津」で食べた方の感想

    小樽地鶏を食べた感想

    料理の味はおにくがジューシー!

    かみごたえがあっておいしかった。うどんが入っていてとろとろしていてこれもおいしかった。

    とうきびはやきとりのたれもあってとうきびじたいもあまい。

    全部がとってもおいしかった!

    ちなみにオスとメスであじがちがってびっくりした。

    たまごがつぶしてもなかなかくずれなかったのにもびっくり

  • ・「何度も食べるうちに、あの食感を思い出し、口の中が地鶏の弾力を望みます。やみつきのお肉です。」(40代 男性)

     

    ・「ひと噛みで他の鶏肉との違いに気づきました。こんな弾力のある肉質ははじめてです。噛んで弾んで、噛み切って弾んで、食感の楽しさに心を奪われました。」(30代 男性)

     

    ・「鳥の皮が苦手なのですが、小樽地鶏の皮は別です。鳥の油自体がこんなにおいしいことに驚きました。」(30代 男性)

     

    ・「牛レバーは苦手ですが、鳥ま津さんの鶏レバーは美味しく食べれます。」(50代 女性)

     

    ・「小樽で観光に来て、目当てのお店が休みだったので、たまたま美味しいお店を尋ねた薬局の方に勧められてお店に入りました。きんかんはめちゃくちゃうまい!!」(60代 男性)

     

    ・「予約して、朝引き地鶏を食べました。新鮮な鶏肉をレアの状態で食べられる機会はなかなかなく、歯ごたえと肉の旨みを感じられ、とてもおいしかったです。」(30代 女性)

     

    ・「子供連れで利用しました。立ち飲みの場と聞いていたので、どうかなと思いましたら椅子を用意してくれていてありがたかったです。子供は、何度も何度も飲み込まないでお肉が甘いと噛んでいました。大人から子供まで楽しめるお肉ですね!」(40代 女性)

  • 小樽市内で食べれるお店

    紹介店以外にも食べれるお店がどんどん増えています

    小樽海宝樓

    海宝樓~ 旧板谷邸~

    小樽が生んだ海運王の邸宅で本格的な料理を気軽に楽しめる​

    住所:小樽市東雲町1-19 旧板谷邸

    電話:0134-64-1135

    冬季営業時間:11:00~19:00

    ランチ  11:00~15:00
    ディナー 17:00~19:00

    ※14:30~17:00まではドリンク、デザートのみ

    定休日:水曜日

    URL:http://kaihourou.com/

    小樽地鶏親子丼や会席料理あり

    小樽観光にはかかせない観光スポットです。

    小樽中国料理好

    小樽中国料理 好(ハオ)

    小樽で中華が食べたくなったらここです​

    住所:小樽市色内1-2-18

    電話:0134-32-0680

    営業時間:11:00~21:30

    定休日:不定休

    URL:http://www.otaru-hao.com/

    小樽地鶏白湯鍋スープが旨い!

    ぴあっと・ヌォーボ

    オステリア・イル・ぴあっと・ヌォーボ 

    小樽イタリアンの名店

    住所:小樽市東雲町2-3

    電話:0134-64-1697

    営業時間:ランチ 11:30~15:00(L.O14:00)

    ディナー17:00~22:00(L.o21:00)

    定休日:水曜日

    URL:http://piatto-otaru.com/

    地鶏のコース料理は絶品です。その後にはオーナーシェフ自信作のカタラーナを是非ご賞味ください。

    ※事前予約で地鶏メニュー対応可能

    伊志井

    焼鳥 伊志井(いしい) 

    小樽やきとりの名店

    住所:小樽市花園1-7-16

    電話:0134-32-4200

    営業時間:17:00〜22:00

    定休日:日曜日

    小樽名物の焼鳥店。他にはないタレをご堪能ください。

    ※事前予約で地鶏メニュー対応可能

    らく天

    居酒屋 らく天

    料理好きで陽気な店主がお待ちしています​

    住所:小樽市稲穂2-13-7

    電話:0134-22-6336

    営業時間:18:00~23:00

    定休日:月曜日

    URL:http://otarurakuten.com/

    地鶏おでんと串物は最高です。日本酒をはじめお酒の種類が豊富なので楽しめますよ。

    クレープワン

    クレープワン

    小樽地鶏卵100%のクレープ生地最高です

    住所:小樽市色内1-1 出抜小路内

    電話:080-2872-4419

    営業時間:[月~金] 10:30~17:30
           [土・日・祝] 10:30~18:00

    定休日:なし

    URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1052598/

    しっとりもちもちの生地はやみつきになります

    鳥ま津

    小樽地鶏本舗直営店「鳥ま津」

    小樽地鶏サテライト店

    住所:小樽市稲穂1-4-15

    電話:090-8706-2211

    営業時間:18:00~23:00

    定休日:月曜日

    URL:http://www.torimatsu.net/

  • 小樽地鶏卵が買えるお店

    小樽地鶏卵

  • 駅なかマートタルシェ

    駅なかマート タルシェ

    小樽近郊の名産品が集う楽しいお店です

    住所:小樽市稲穂2丁目 JR小樽駅構内

    電話:0134-31-1111

    営業時間:9:00~20:00

    定休日:なし

    通販:http://tarche.jp/

    ベンジー高野

    ベンジー高野

    まさに美味しい食べ物の宝庫です

    住所:小樽市花園1-4-2

    電話:0134-24-6535

    営業時間:10:00~22:00

    定休日:なし

  • スタッフ紹介

    私達は酉年です

    松 下 敏 彦

    地鶏山のボス

    (株)小樽地鶏本舗 代表取締役

    1957年生まれ酉年。

     

    小樽地鶏のさらなる食味向上を目指して日々研究しています。

    小樽地鶏の生育から流通まで、細部まで気を配りながら、おいしい地鶏づくりに取り組んでいます。

    武 石  一 也

    小樽地鶏お目付け役

    (株)小樽地鶏本舗 専務取締役

    1957年生まれ酉年。

     

    小樽地鶏品質管理担当。

    徹底した衛生管理により、誰もが安心して食べられる地鶏づくりに取り組んでいる。チャーミングな笑顔がポイント。

    荒 澤 之 博

    小樽地鶏を知り尽くした料理人

    (株)小樽地鶏本舗 常務取締役

    1957年生まれ酉年。

     

    小樽地鶏を知り尽くした料理人。

    小樽地鶏本舗直営店「鳥ま津」を取り仕切る傍ら、小樽地鶏のうまさを世間に広げるべく鶏の研究を続ける男。小樽地鶏の生態生理特性を知り尽くし、地物の野菜との料理メニューを日々更新中。

  • 関連WEBサイト

    小樽地鶏本舗

    小樽地鶏の系譜にご興味があればご覧ください。

    小樽地鶏本舗直営 「鳥ま津」

    弊社直営のサテライトショップです。

    小樽レンガ横丁内で日々小樽地鶏を焼いて皆様のお越しをお待ちしております。

     

  • 主なメディア掲載歴

    ○TV

    平成28年2月6日 TVH旅コミ北海道じゃらんdeGO!

    平成28年1月22日 STVどさんこワイド179

    平成27年8月12日 BS12ch全国ネット版「Eatrip」

    平成27年8月4日 HBC全国ネット版「Eatrip」

    ○新聞・雑誌

    (新聞)

    平成28年9月9日   読売新聞朝刊北海道内面

    平成28年1月23日  道新朝刊小樽後志版

    平成27年11月10日 読売新聞朝刊地域面

    平成27年6月18日  北海道新聞朝刊(経済特集)

    平成27年4月4日   読売新聞地域版

     

    (雑誌)

    平成27年日本商工会議所月間誌「石垣」2月号

     

    (インターネット)

    小樽商工会議所様掲載記事

    フードアクティビスト 松浦達也先生掲載記事

  • 会社概要

    名称 株式会社 小樽地鶏本舗

    住所 (事務所) 〒047-0037 北海道小樽市幸3丁目29-5

             TEL&FAX:0134-32-0055

    創業年月日 平成25年8月12日

    資本金 1,000万円

    商標登録番号 第5466042号

     

    感謝! 株式会社小樽地鶏本舗は、小樽地鶏を「小樽の新名物に!」との想いに賛同いただけた多くの小樽市民や事業者の皆様からの出資により設立した会社です。

  • お問い合わせ

    弊社へのお問合せはこちらからお願いします